手袋王子のブログ

アンティーク懐中時計や腕時計に萌え、自転車で気の向くままに走り、植物たちに癒されてます



年の瀬に、真岡へカレーライド!


-広告-


前回は益子へカレーライドしてきましたが、

www.tebukuro-ouji.space

 

2019年のラストにもう一軒くらい行ってみようか、と目指したのはこちら!
真岡の「カリーハウス ピリピリ」さん。

カリーハウス ピリピリ
〒321-4361 栃木県真岡市並木町3-30-1
700円(平均)700円(ランチ平均)

お店までは距離20kmちょっとで、基本的に微妙な下り基調。
SPDペダル&シューズを装備した私には物足りないくらいですふふふ…。

なんちゃってw

お店に到着すると。
なんだか懐かしい昔ながらの洋食屋さんといった佇まい。
看板もレトロでGOODですよ。
店内に入ってみるとお客さんはまばら…というか2人。
席数はそれほど多くなく、さっぱりとしていて落ち着く雰囲気です。

 

頼んだのは「ピリピリ(マトン)カリー」の辛さ「アダルト」。
店名を冠しているということは、これがイチ押しなんだろうということで。
辛さは、「マイルド」「アダルト」「ハード」「マーダー」の4段階から選べます。
(マーダーとはかなり危険なw)

 

f:id:tebukuro-ouji:20200122000555j:plain

ピリピリカリー!

ライスとルーは別皿で到着。ルーはサラサラなタイプです。
(そういえば最近ちゃんとしたスープカレー食べてないなぁ)
まずはルーを一口。お、思っていたよりスパイシー、でもそこまで辛いわけではなく。
ピリっとした辛さとスパイスの旨味、微妙な甘みがスッと口の中を抜けて、後味はサッパリ。
ゴロゴロと入っているマトンは臭みもなく柔らか、
しっかりとスパイスで煮込まれているんでしょうね。美味しいです。

ルーがサラサラだからかな、ライスと一緒にどんどん食べられちゃいます。
ライスの量が多いかなと思ってたんだけど、全然そんなことなかった。
食べてる間に、スパイスのおかげか身体はぽかぽかに。
あっという間にごちそうさまでしたw

ん~、もう少し辛くてもよかったかなぁ。今度は「ハード」を頼んでみようかな。

 

いつもとはちょっと違うカレーを食べたい時に来たいお店ですね。