手袋王子のブログ

アンティーク懐中時計や腕時計に萌え、自転車で気の向くままに走り、植物たちに癒されてます



WEEKENDBIKES号のスプロケット交換からの…ハブメンテナンス!(前編)


-広告-


先日チェーン清掃をしたWEEKENDBIKES号。

f:id:tebukuro-ouji:20200215195846j:plain

ピカピカチェーン!

ピカピカ綺麗になってペダリングも軽くなりました!

なんですが…

なんかスプロケットからカリカリ?シャリシャリ?という異音が。
スプロケにもパーツクリーナーをブシューと吹いてしまったので、
内部のグリスが溶け出てしまったのでしょうか(泣。

自分のWEEKENDBIKES号のスプロケットはボスフリーというタイプ。

ネット検索してみると、ボスフリータイプはバラしてメンテと
いうのが大変そう…。専用の工具も必要だし。

調べてみると新品のスプロケが案外安かった(笑)ので、
さくっと購入して交換しちゃうことにしました!

 

 

スプロケだけ安くてもダメなのだよ…。

工具も必要になるんだから…。

f:id:tebukuro-ouji:20200222205923j:plain

レンチ!

f:id:tebukuro-ouji:20200222205927j:plain

スプロケット外し!

さあ、パーツと工具を揃えたところで作業開始!

 

 

 

まずは後輪をフレームから外しましょうか。

最初にシフトをトップにしちゃいます。元に戻すとき楽になりますので。

f:id:tebukuro-ouji:20200215211354j:plain

シフトをトップに!

Vブレーキを開放します。
(ブレーキがそのままだとタイヤが引っかかって外せないです)

f:id:tebukuro-ouji:20200215211358j:plain

Vブレーキ開放!

f:id:tebukuro-ouji:20200215211402j:plain

Vブレーキ開放!

そしてハブ軸両端のプラスチック製ナットキャップを外してから…、

f:id:tebukuro-ouji:20200215211351j:plain

ナットキャップ外し

ホイール固定ナットを外すんですが、
右側はディレイラーガードが邪魔なのでこいつを先に外さないといけませんよ。

f:id:tebukuro-ouji:20200215211405j:plain

ディレイラーガード外しからのナット外し!

そしてナットを外したら、後輪を外しちゃいましょう。

f:id:tebukuro-ouji:20200215211444j:plain

後輪外した!

後輪を外したら、自転車本体は逆さまにして置いておきましょうかね。
ハンドルに付けているベルとかライトとかは忘れずに外しておきます。

ハンドルとサドルの下には、段ボールとかウエスとかを敷くといいですね。

f:id:tebukuro-ouji:20200215211409j:plain

後輪外した!

そしたら、やっとこさスプロケ外しに取り掛かれます。

ボスフリー用の“スプロケット外し”という専用工具を使いますよ。
スプロケの凹部にスプロケ外しの凸部を合わせ、奥までしっかりはめ込みまして、
スパナとかレンチをセットして反時計回りにエイッ!と回します。

f:id:tebukuro-ouji:20200215211413j:plain

スプロケ外し!

最初が上手く緩めば、スルスルとスプロケが外せるはずです。

f:id:tebukuro-ouji:20200215211417j:plain

スプロケ外れたー!

ここまできたら、新しいスプロケットを取付けて逆の手順で組み立てていくだけなのですが…、
ここで問題発生!

上の状態でハブ軸を手で回してみるとゴリゴリとした感触が…。
最初からなのかこの一年弱でこうなったのか、もしやベアリングに問題が?

今まで走っていても特に気にならなかったんだけど、
ここで気付いてしまっては放っておくわけにはいかない。
(機械いじり好きの血がうずうずとw)

 

ハブを分解して清掃、調整するしかない!

 

まさかの展開になってしまいましたが、なんと“後編”に続けたいと思います…。

 

 

↓ 後編書きました! ↓

 

www.tebukuro-ouji.space