手袋王子のブログ

アンティーク懐中時計や腕時計に萌え、自転車で気の向くままに走り、植物たちに癒されてます



気になるバイクたち


-広告-


最近気になっているロードバイクのスタイルがあるんです。

トップチューブはホリゾンタル(に限りなく近い)、リアトライアングルがコンパクト、BB周りはボリュームを持たせてガッチリな。
まぁ、ここ数年の流行りと言ってしまえばそんな感じなんですが(苦笑。

昨年のサイクルモードや試乗会で、そういうバイクに乗る機会が何度かありまして。
どれも良い印象なんですよね。

漕ぎ出しからスルスルっとスピードに乗って、踏むだけ加速していくような(平坦なコースですけども)。
そしてその速度を維持するのも苦じゃない。
といってもフレームの感触が堅いわけではなく、嫌な振動もなく、気持ち良かったんですよね。

もちろんボッテキア・オッタビオ号に不満があるわけではないんですよ。

でもなんかこう、キャラクターの違うのにも乗りたくなるじゃないですかw

 

ん~、悩ましい。

 

 

 

というわけで、仕事を終えて帰宅すると、ネットで色々とあーでもないこーでもないと見てしまう毎日を過ごしています。
とはいってもあまりお高いモデルは現実的ではないので、手の届きそうなところで、気になっているモデルを挙げてみますね。

実際に乗ったことはないものばかりなので、好みのスタイルとかそんな目線です。
悪しからず。

 

Basso「VENTA」

www.job-cycles.com

文句なしにカッコ良い!

フロントトライアングルとリアトライアングルのバランス、フレーム各箇所の太さが絶妙です。
直線が組み合わさったシャープなフレームの造形が良いですよね。
シンプルなカラーリングとロゴもグッド。カラーはパープルを選ぶかな。

ただこのモデル、BPD(BASSO Premium Dealer)と認められたショップでしか取扱いがないんです。
近くに何件か自転車屋さんはあるんですが、どこも当てはまらず…。

 

 

BMC「Teammachine SLR02 Three」

e-ftb.co.jp

リアトライアングルコンパクト化の先駆けですね。

憧れのブランド…かと思ってたら、手の届きそうな価格帯のモデルもあるんですね。
ただカラーがなぁ…。残念。
と思ったら、アルミフレームモデルにはレッドがあるじゃないか!
やはりカッコ良いですな。

 

 

FONDRIEST「DARDO」

www.cyclecreation.co.jp

これもカッコ良い!なんかセクシー!

フォンドリエストは、日本ではまだ知名度の高くない(かな?)イタリアのバイクメーカーですね。
イタリアにカーボン工場を建ててしまうくらい気合いが入ってるそうです。

トップチューブは少しスローピングしているものの、ダウンチューブとシートチューブがしっかりエアロしてます。
トップチューブやヘッドチューブは曲線で構成されていて、フロントフォークも独特な逆ベンドだったりして、個性的な一台ですね。

カラーリングも好み。ブラック×オレンジ/マット×シャイニーの組み合わせ、好きだわー。

 

 

 

 

 

GIOS「AERO LITE」

www.job-cycles.com

こいつは全体的にスリムなスタイルですね。
結構軽量なようです。

良い意味でも悪い意味でも、GIOSカラーが目を惹きますよね。

 

 

MERIDA「REACTO 4000」

www.merida.jp

さすがメリダ、コストパフォーマンス高いです。

ただ、ヘッドチューブ~ダウンチューブの形がちょっともっさりかな…。
リアコンパクトもちょっと小さすぎるような。

 

 

Bianchi「ARIA」

www.japan.bianchi.com

これはダウンチューブ、シートチューブ、シートステーもマッシブで剛性が高そう。
良さげなホイールが付いてきますね。

チェレステカラーが人と被るのがちょっと恥ずかしい…という場合は、ブラックがなかなかカッコ良い。

 

 

 

 

このあたりが、最近気になっているバイク達になります。

画像やスペック、ジオメトリを見て妄想するだけでも楽しいけど、やっぱり実際に乗りたくなってきちゃうなぁ。

先立つものと、置き場所があれば…。

 

はぁ。

新車貯金するか新車貯金!